2008年01月21日

きりしま里親さん募集開始しました。

20071103035944.jpgビーグルとコーギーのミックス4兄弟の中で、一番手がかかって私たちを心配させたきりしま。
そのきりしまがついに里親さんを募集することになりました。

4兄弟はどの子も繁殖場にいるときは「人間もほかの犬も嫌い。近寄らないで!」というオーラが出ていて、なでようとしても逃げ回ってばかり。
やっとなでさせてもらえても、おびえて震えていました。
中でもきりしまは、ただ震えるだけでなく失禁・脱糞してしまうので始末が悪い・・・。

日によっては、ただ近づいただけで「じょ〜〜っ」とやってしまっていることも。
図体は4兄弟の中で一番大きいんですが。
私たちが繁殖場の中でみんなにご飯をあげたり排泄物の始末をしている間は、ずっと小屋の中にかくれて絶対に出てこようとしませんでした。
脱糞などの癖だけでなく、こちらが仲良くなろうとしてもきりしまの目はそれを拒否していました。
絶対に私たちに心を許そうとしない態度が寂しかったです。
笑顔やしっぽを振ったりすることなど見れませんでした。

ほかの3頭は少しずつ慣れてきてくれていましたが、きりしまはその兆候がほとんど見えず、私たちも「誰かの家でしっかり可愛がられて一緒に暮らせば、きっと人に慣れてくれるのに・・・」とは思っていましたが、私たちも住宅事情などのために預かることはできませんでしたし、こういうやっかいな性癖を持った子なので、里親さんどころか一時預かりさんを見つけるのも難しいと頭を抱えていました。

そんな中、東京のyaezoさんがきりしまの一時預かりを申し出てくれたのでした。
もちろん繁殖場からはきりしまを出してあげたかったのですが、正直この子を預かるのは大変だろうと私たちは思っていましたので、yaezoさんに何度もきりしまの癖や性格について説明をして、「かなり大変ですが、それでも本当に里親さんが決まるまで預かっていただけますか?」としつこいくらい確認させてもらいました。

一時預かりさんのお宅で可愛がられて過ごした後に、預かりさんが「こんなにも大変だとは思わなかった。もうこれ以上うちでは面倒を見切れない。そちらに返したい」とおっしゃっても、私たちの家でも預かることができない状態である以上、また再びあの繁殖場に返すしかありません。ですが、そんなことはしたくありません。

ですので、失礼ではあったのですが、yaezoさんには事前に何度もかおりさんが本当に大丈夫か確認をさせていただきました。
それでも、いやな顔もせずに快く強い決意を持ってきりしまの預かりを引き受けてくださったyaezoさんには本当に感謝です。

最初はケージを毎日のように脱走しては、yaezoさんのお家の床に排泄し放題だったきりしま。
散歩も首輪とリードをつけるだけでも嫌がって暴れて、きちんと歩こうともしなかったきりしま。
可愛がられることに慣れてくると、今度は逆に調子付いて言うことを聞かなくなったというきりしま。
本当に私たちにはいえない苦労や泣きたいようなことがたくさんあったと思います。

そんなきりしまも、yaezoさんが根気よく可愛がってしつけをしてくれたおかげで、だんだん散歩も普通にできるようになり、笑顔を見せたり甘えてくぅーんと鳴いたりするようになあってきていました。
本当に想像できないことです。
あのきりしまが?!と今でも不思議な気がします。
そして、年明け頃からトイレもきちんとできるようになってくれたそうです。

これまで、大変な苦労にもめげずにきりしまを大事に預かってくださったyaezoさんのおかげで、里親さんを募集できるまでになりました。
本当に感謝しております。

里親さん募集を開始したきりしま、どうぞよろしくお願いいたします。









posted by エミ at 12:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79879388

この記事へのトラックバック

負けても勝ち組w
Excerpt: てぃん★てぃんシゴきまくってもらって5諭吉くれるってどんだけww パチ屋行く前の軍資金集めの定番になってしまったw
Weblog: ドンパッチ
Tracked: 2008-02-16 16:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。