2008年01月08日

ダルメシアン・ブティの一時預かりさん募集続き

ブティの所有権を譲っていただいた後、早速かおりさんが病院に連れて行ってくれました。

お腹もポッコリ出ているし、先日ずっと舐めていたおっぱいも腫れていてお乳のような白い液が出ていたそうです・・・。

もしや妊娠exclamation&questionか乳がんか・・・ととっても心配しました。
でも乳がんはともかく、妊娠となると今繁殖場で唯一のオスであるさつまは離れた犬舎に鎖でつないでいるし、ブティの入っている犬舎はブティたちの脱走を防ぐためにかなり柵が高くしてあって他のワンが入れるとは思えないので野犬という可能性も低いのです。
でも完全にないとはいえないですよね。
それでとっても焦りました。

ですが、病院の先生がエコーでお腹を見たところ、お腹に子供はいなかったとのことです。
そして診察の結果は・・・想像妊娠でした。
かおりさんは想像妊娠するワンもいるということをうっすら知っていたそうですが、恥ずかしいことに私は全く知りませんでしたあせあせ(飛び散る汗)
ワンも想像妊娠するんですねexclamation×2

この前かおりさんと行ったとき、ただ単に体調が悪いだけでなく、やたら機嫌も悪かったのも合点がいきました。

出会った頃のブティは警戒して私達に向かってやたらと吠え掛かっていましたが、慣れてくると実はとっても大人しい性格で、こづるやプーたちが我先にと私達にじゃれついてくる時も、控えめにしか自分を主張せずにいる優しい子でした。私達の手が空いているときを見計らってそっとくっついてきて、「撫でて〜」とねだってきます。

撫でられているときはとっても幸せそうにじ〜っとして目を細めている姿がとっても上品できれいでした。

そのブティが先日かおりさんと行ったときはまるで性格が違うようでした。私達に対しては相変わらず大人しいのですが、こづるやプーがブティに寄っていくと「うるさい! こっち来るな!」とでも言うように吠えて自分に近寄らせないようにしていました。
今まではとっても仲がよかったのに・・・。
その機嫌の悪さとお腹のふくらみ、おっぱいをやたら舐める様子から、そのときから「もしや妊娠?? でもありえない、よね…?」と話してはいたのですが、まさか想像妊娠だったなんて。

でも、とりあえず本当には妊娠していなかったということで、ホッとしました!わーい(嬉しい顔)

ただ、お乳がひどく張っていたので、その張りを引かせるためのお薬を1週間ほど飲まないといけないそうです。
ですが繁殖場に戻してもオーナーがちゃんと薬を飲ませるとは思えないし、何よりあの山奥の寂しい場所に戻したくありません。
かおりさんが困っていると、先生が「1週間ならこちらで預かりますよ」と申し出てくださったそうです。
良かった〜あせあせ(飛び散る汗)

その入院の間、ブティの体に他に悪いところはないか検査もしていただくことになりました。

この1週間の入院のあとも繁殖場には戻したくありません。
かおりさんの日記を呼んでブティを心配してくださった方々のおかげで、ブティの所有権を放棄してもらえてブティに家族を探してあげることができるようになりました。
とっても嬉しいことです。
本当にありがとうございます。
これで、ブティもあの不衛生で寂しい場所で暮らし続けなくてすむようになりました。

ですが、今はブティが暮らせる場所がありません。
病院にいられる期間は1週間です・・・。

そこで、皆様にお願いです。
検査入院の後にブティを一時預かりをしてくださる方を募集します。


ブティの保護先緊急募集!!!

 かわいい犬種:ダルメシアン

 かわいい仮名:ブティ(プティ)

 かわいい年齢:推定3〜4歳

 かわいい性別:♀ 

 かわいい健康状態 :フィラリア(+)・未ワクチン・未避妊

 かわいい性格 :人間大好きです。少し臆病なところがあります。

 かわいい状況 :現在病院で預かってもらっていますが、期間は約1週間までですので、退院したら元繁殖場の不衛生な場所に戻さざるをえません。。
一時、預かり先募集中です。

犬の保護活動経験がある一時預かりさん。
または動物の活動をされている方のお力添え募集中です。
ブティのご縁探しのお力添えよろしく御願い致します。

問い合わせ先 kagosima7sos★yahoo.co.jp または wannyanlove7★yahoo.co.jp (★=@に変換してください)までお願いします。

ブティ.jpg

posted by エミ at 04:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダルメシアン・ブティの一時預かりさん募集

明けましておめでとうございます。

昨年は皆様のご支援のおかげで、たくさんのワンたちを繁殖場から引き出すことができました。
本当にありがとうございます。

素晴らしい里親さんたちに引き取っていただき、まだ里親さんが決まっていない子たちも、ワンの飼育に詳しく心優しい方々が一時預かりをしてくださっています。
預かりさんたちには、今までしつけもきちんとできていないワン達をご自宅に引き取ってくださったことで、いろいろと私達にはいえないような辛抱、苦労をたくさんかけていると思いますが、皆様は文句ひとつ言わずに預かりを続けてくれています。本当にありがとうございます。
早くワン達の温かい家族を見つけられるよう、今年も引き続き里親さん探しを続けてまいりますので、どうかよろしくお願いいたします。

タイトルのダルメシアンのブティの件なのですが、私のこちらのブログではお話していなかったのですが、去年の12月半ばすぎくらいから、体調におかしいな??と思えるような兆候が出ていました。

私達が繁殖場に入っていくと、嬉しがって飛び上がり走りよって来るのはいつもどおりなのですが・・・ご飯を食べるとすぐに丸まって眠ってしまうのです。
いつもなら、ご飯を食べた後にも私達が帰る直前までビーグルのこづるやラブのプーと一緒に私達とじゃれあって遊ぶので、珍しいこともあるな、と感じました。
最初のときは「あれ、今日はやたら早く寝ちゃったねぇ。お腹いっぱいになって眠くなっちゃったのかな?」と思っただけだったのですが…。

その数日後にかおりさんが現場に行ったときにも、同じようにご飯の後さっさと眠ってしまっていたそうです。
話しかけたりなでたりしても、起き上がろうとしないし、あまり反応しないし元気がない。それでおかしいなぁ、と気づいたそうです。
その報告を受けて、さらに数日後の29日に私とお手伝いをしてくださっているYさんが行ったときも同じでした。

会ってすぐの10分ほどは嬉しさで飛び上がって走り回って元気なのですが、ご飯を食べて少しするとまた丸まってる・・・。
注意して見ていると、丸まって眠っている間もどこか痛いのか、落ち着かなげにもぞもぞ体を動かしていて、じっくり眠れていない感じ。
それに時々変に大きな咳をします。呼吸も一定していないような。
Yさんも、「関節が痛くて眠れないのか、心臓の調子が悪いのでは?」と心配していました。

病院に連れて行きたい・・・と思ったのですが、私たちも手持ちのお金がありませんでしたし、その日は車を出してくださったYさんも早めに帰らなければいけない予定がありました。
それに、ブティはオーナーが気に入っている子で、手放そうとしないために所有権を放棄してもらっていません。
私達がお金を使って病院に連れて行っても、オーナーにとって都合のいい状況になるだけ。でも、この体調の悪さは放っておけない・・・と、かなり悩みましたふらふら

とりあえず、その日は現場を出てからオーナーに電話をして、ブティの様子がどういうふうにおかしいかを説明して病院に連れて行ってくれるようにお願いしました。もう年末なので、次の日になれば開いている病院もなかなかないから、今日中にお願いします、とダメ元で言うと、意外にもオーナーは「わかりました」とあっさり承諾してくれましたグッド(上向き矢印)

約束してもらったことでいくらか安堵しつつ、でもまだ安心できない気持ちで翌朝オーナーに再度電話をし、病院に連れて行ってくれたかたずねると、「いったいどこが悪いんですか?とっても元気だし、全然体調が悪そうには見えないですよ。だから病院には連れていきませんでした」との返事・・・。

最近は寒いせいか面倒なのか、オーナーは繁殖場に来ても適当にご飯と水だけ入れて30分もしないうちに帰ってしまうことが多いようでしたから、じっくりブティを観察してみることもしなかったのでしょう。
オーナーに会って喜んで飛び回っている最初の10分程度の状態だけを見て、「なんだ元気じゃないか、どこが病気なんだ」と判断されてしまったのでしょうね。
それとも、ただ単にお金を出したくなくて、放っておいても私達がどうにかするという気持ちでいるのか・・・。
どちらにしろ、ブティの容態が目に見えて悪くならない限り行動を起こすつもりはないようです。
ですが、こちらもそんなに悪化するのを見ているわけにはいきません。

そこで、昨日7日にかおりさんが改めて所有権を手放してくれるようにオーナーと話をしてくれました。
いまいち本当にブティの具合が悪いということをまだ理解しきってくれていないようでしたが、「そんなに大変そうなら・・・」と所有権を手放すことに同意してくれました!!わーい(嬉しい顔)
しかし、「病気のようならじゃあ手放す」というのはどういう態度なんでしょうか。本当にブティのことを気に入っているのexclamation&questionとかおりさんの話を聞きながらひそかに思ってしまいましたたらーっ(汗)

続きます

posted by エミ at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

きりしま見つかりました!

昨夜、ふとしたアクシデントで逃走してしまったとお知らせしたきりしまですが、夜の2時まで預かりさんが探されたその1時間後の3時に自分で預かりさんのおうちに戻ってきたそうです。
体も汚れてはいましたが、無事だったそうです。
大変ご心配をおかけいたしました。

もともと脱走癖のある、人間になかなか懐こうとしないきりしまだったので、自分から戻ってくる可能性がどれだけがあるかしら…と思っていました。でも、戻ってきてくれたんですね。よかったよかった!

今回自分で逃げ出したとはいえ、自発的に戻ってきたということは、預かりさんのお家をちゃんと自分の帰ってくる家と認識して預かりさんを信頼するようになってきているという証拠だと思います。そのことが嬉しいです。
とにかく、戻ってきてくれて本当に良かったです。

報告までになってしまいますが、心配してくださった皆様、本当にありがとうございました。
posted by エミ at 21:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緊急のお願いです。

繁殖場から出して、東京のあるボランティアさんに預かっていただいていたビーグルミックスのきりしま。
7日に、その方がきりしまにハーネスとリードをつけて屋外へ一緒に出たそのとき、きりしまが脱走をしてしまいました。
その方はとても責任を感じて下さっていて、夜中の今まで探してくださっていましたが、日付が変わった今もまだきりしまは見つかっていません。

脱走したとき、きりしまは首輪とハーネス、にそれぞれリードをつけている状態でした。
ハーネスは青と白のボーダー、リードは黄色のと茶色のものを2本つけています。

場所は東京都の小金井市、武蔵野公園付近です。

見かけて下さった方がいらっしゃいましたら、どうかご連絡をください。

どうかよろしくお願いいたします。

きりしま.jpg



posted by エミ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

エクルとこづる

もうすぐこうやって一緒に寝転がる姿も見られなくなるので
記念にバッド(下向き矢印)
寂しい気もしますが、この子たちが幸せをつかむということですから、喜ぶべきですねぴかぴか(新しい)

これも皆様のご支援のおかげです。

emi? 047.jpgemi? 048.jpg
posted by エミ at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

8月19日

07-08-19.bmp
VCLP0041.MP4_000001468.jpg
日記がずっと止まっていてすみません(>_<)
19日にワンちゃんたちにあげるのに使わせていただいた支援品のフードです。
送ってくださったN様、報告が遅くなり申しわけありません!

協力を申し出てくださったF様の車で2人繁殖場に向かいました。
この日もとても暑く、病弱なF様は気分が悪くなって、作業の途中で休まなければならないほどあせあせ(飛び散る汗)
何とか無事にワンたちのご飯の世話やブラッシングは済ませることができましたが、作業が終わるまでの間に2人とも500mlのペットボトルを2〜3本飲みましたたらーっ(汗)


セピアやレモン、マーズたち、毛がからまって固まりができている子たちにブラッシングをしました。
多分みんな生まれて初めてのブラッシングのはず。
毛の固まりはあんまりにもガッチリ固まってしまっていて、ブラシをかけてもなかなか取れません。結局ブチブチ引っ張ってしまうことに…。ちょっと痛かったと思います。

その毛の固まりのすごさをカメラで撮ってくればとかったのですが、ワンたちを追いかけるので忘れてしまい…。
毛布によだれをたらしてしまってそれが固まったよう、と言えばいいでしょうか。
汚れや泥が糊代わりになって、すでに抜けてしまっている毛も表面にべったりくっついてダマになっている状態です。
抜けた毛ばかりがくっついてできた固まりは、引っ張るとブチッと固まりごととれますあせあせ(飛び散る汗)

嫌がるのを追いかけながらブラッシングしたのですが、長年の間にできた固まりは、この日1回だけで完全にかたまりを取ってきれいにしてあげることはできませんでしたバッド(下向き矢印)
水とシャンプー&リンスでほぐしながらじゃないとムリそう…。
ちゃんとキレイにしてあげられなくてごめんね。

暑い中、手伝いに来て車も出してくださったF様、本当にありがとうございました!



posted by エミ at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

ダックスの子犬引き出しました。続き

 さて、早速2匹を病院へ連れて行きました。
 
 病院の先生が2匹を触ってすぐに「熱がある」とのこと…。
 特に消耗が激しかった1匹のほうは、体を冷やすために点滴を打ってくださることに。
 やはり、熱中症だったようです。
 
 繁殖場の管理状況を聞いて、先生も「そんな人は動物を飼う資格ない!」と一喝。
 病院のスタッフさん総出で対応してくださいました。

 熱中症で弱っているだけでなく、目もおそらく結膜炎だということでした。また、耳にはカビの一種のマラセチア菌と耳ダニ。
 そして顔や後ろ足の部分も少し毛が抜けています。
 お母さんのショコラちゃんから染った疥癬は、オーナーが治療の注射を打ったはずです。そのことを先生に伝えると、治りかけの状態だと思いますが1週間様子を見ましょうということになりました。
 目薬をさし、耳に薬を塗って耳掃除をしてもらいました。満身創痍です。
 
 2匹の居場所ですが、ワクチンが終わって預かりをしてくださるボランティアさんか里親さんが見つかるまで、クマさんが預かってくれることになりました。
 クマさんのお家ももう手一杯なのに、私のうちで預かりができなくて申し訳ないですたらーっ(汗)
 
 2匹が早く元気になりますように。
 ちなみに、1匹が女の子、1匹が男の子でした。
posted by エミ at 02:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダックス子犬を引き出しました。

 昨日、かおりさんと一緒に繁殖場に行ったところ、子犬(ダックス4匹とコーギー1匹)のケージを見ると、ダックスの子犬が1匹横たわって動かなくなっていました。

 その子の周りを、2匹の子犬がクンクン鳴いて私たちのほうに寄ってこようとしています。嬉しそうにして、自分たちの兄弟に何が起こったかもよく分かっていないのでしょう。
 コーギーの子犬の姿も消えています。

 オーナーにきいてみたところ、もう1匹のコーギーの子もこの1週間で死んでしまったそうです。4匹いた子犬のうち、生き残ったのはダックス2匹のみ。
 明らかに暑さによる衰弱が原因のようでした。

 子犬のケージが置かれていた場所は、比較的日が当たらないところだったとはいえ、午後の3時くらいには日差しがまともに当たっていました。
 オーナーはもっと確実に日の当たらない場所にケージを移すと言っていましたが、繁殖場では日陰にいても暑さは相当です。私達ですら、今日の作業中には消耗が激しくて気分が悪くなり、特にかおりさんは倒れそうでした。
 汗が鼻水なのかよだれなのか分からくなるくらいに滴り落ちて、終わる頃には水をかぶったように服が濡れます。
 
 オーナーの話では、最近は草刈だけして犬の水替えやフードの供給などはせずに帰ってしまったり、暑さのあまり世話を途中までで適当に済ませて帰ってしまったことも最近何度かあったということです。

 すでに数日猛暑日が続き、これからも35度に達する日が何日もあるでしょう。そんな中、こんな管理状態の下では、残った2匹のダックスの子犬もあと数日のうちに死んでしまうのはほぼ確実です。

 そのことを強調して、ダメ元で「何とか譲ってもらえないでしょうか」と頼んでみたところ、今までどうしても手放そうとしなかったオーナーも「今回は私が悪かったので…」と何とか承諾してくれました。
 よかった〜exclamation
 本当にあのままでは危なかったですから…。

 
 
posted by エミ at 01:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こづる親子経過です。

 ご報告が遅れてしまいました。
 こづるたち親子のお知らせです。1週間前のお知らせになってしまうのですがたらーっ(汗)

 かおりさんのブログでもすでにお知らせしているように、先週の週末に病院に3匹を避妊手術のあとの抜糸をしに連れて行って、フィラリアのお薬を飲ませました。
 ただ、抜糸の当日には、フィラリア超陽性だったこづるだけはお薬を飲ませませんでした。
 薬を飲ませた後、数時間は経過を見守れるときに飲ませたほうがいいということでしたので…。
 翌日に再度繁殖場に出直し、フィラリアの薬の中和剤と一緒に飲ませた後に、こづるの様子をチラチラ見ながら繁殖場での作業をしていました。
 結果、こづるの容態に変化などはなく、元気なままでしたので作業を終えて繁殖場を出ました。
 
 人懐っこいコヅルに薬を飲ませるのは全く苦労がなかったのですが、イサミとミタケには苦労しましたあせあせ(飛び散る汗)
 追いかけても追いかけても逃げるし、少し離れた場所から声をかけても、全くこっちに寄ってこようとしないんです…。むしろ壁に体を押し付けて嫌がっている様子。
 もう逃げ疲れて走らなくなったところで、そうっっとなでても、体を硬くしてしっぽを巻いてすごくイヤそう…。
 人に優しくなでられる気持ちよさを覚えてほしいのに!
 でも、あんまりイヤがってるのを無理やり続けても、かえって人間が苦手になるだけのように思えて、ほどほどで辞めましたが。気長に少しずつ慣れてもらうしかないでしょうねたらーっ(汗)
 終わりごろにはミタケは少し慣れてからだの硬さがとれていたようでしたし…。
 コヅルと親子なのに全然性格が違うようです。
 
 子供たちとは全く逆で、コヅルのほうは前にも増して寄って来る! もともと人懐っこくて、なでられるのが好きな子でしたが、以前は自分から積極的に「私をなでて!」 かまって!」とアピールして来る子じゃなかったんですが…。
 ベタベタになるのはカワイイので構わないんですが、「手術して1週間の間にどうしてこんなに変わったの?」と私もかおりさんも不思議に思うほどの変わりよう。私の顔を舐めてくるほどにまでなってビックリです。
 イサミとミタケに薬をあげようとする私たちの前に立ちふさがってちょっと邪魔なくらいでした…あせあせ(飛び散る汗)
 でもかわいかったな〜。
 
 
 
posted by エミ at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。